わけもなく好きなものとか。フト思うこと。最近はネコとの暮らし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by kingyo
 
[スポンサー広告
靴はフィット感より 見た目で選ぶ
徒歩通勤した際(昨日の記事)に、履いた比較的歩きやすい靴。

camper1  camper2

台湾のCAMPERアウトレットで購入した、Twins。左右非対称なデザインの靴です。
CAMPERの靴は、最初のうちは革が固くて足を痛めがちですが、慣れてくると割と快適です。
30分ちょっとの徒歩には支障ありませんでした。

私は、洋服はベージュやグレー、白、黒などベーシックな色合いのものを好んで着ます。柄物の服はほとんど持っていません。
素材は肌触りの良いものを選ぶし、お手入れのし易さも買う時に必ず確認します。
しかし、靴は違います。
履き心地なんて二の次、見た目重視。
足にあった靴を買うのではなく、気に入った靴に足を合わせるのです。
どれだけ歩いても負担がかからない靴なんて、一足も持っていません。
どんな洋服にも合わせ易い。なんていうのも持っていません。

言い切っておいてなんですが、間違ってるのは重々承知しているのです。
甲高で幅広の足に、デザイン重視の靴がフィットするはずもなく。
ものによっては足が血だらけになります。
靴擦れ前提で、絆創膏を持って出掛けるのなんて、バカバカしいのもよくわかっています。
でも、だめなんです。これはもう、病のようなものなのです。
夫も出会った当初は私が履いている靴に驚き、気に入った靴を買おうとすると必死で止めていましたが、全く聞き入れない私に諦めがついたのでしょう。
近頃は出掛ける際に「今日はたくさん歩くからその靴はよした方がいいんじゃない」とやんわり助言する程度になりました。
「絆創膏は持った?」とも確認してくれます。
優しさからではなく「足が痛くて歩けない」とか言い出されるのがウザイのです。多分。

そして、懲りずにまた。。。
数ヶ月前に出会って以来、ずっと頭の片隅に居座ってたFinの黄色のパンプス。
セールにて50%OFF。
こりゃ、運命の再会でしょ。
fin0

もうワンサイズ小さいと、ちょっと窮屈、このサイズだとちょっと大きい。
なので、つま先用の中敷きも一緒に買って来ました。(←言い訳)
脱ぐとベージュの楕円形が見えて、少々ダサイ感じがしますが、まぁよし。
fin1

天気の良い日に履いて出掛けてみます。もちろん絆創膏を持って。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村








Posted by kingyo
comment:0   trackback:0
[気に入っているモノ]  thema:買い物日記 - genre:ライフ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://nekotokingyo.blog60.fc2.com/tb.php/61-5e80a62b
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。