わけもなく好きなものとか。フト思うこと。最近はネコとの暮らし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by kingyo
 
[スポンサー広告
ネコとの暮らしを懐かしむ②
現在の実家のボスネコのレオです。
今年で14歳になります。

reo

以前勤めていたところの取引先の方のお宅で、子猫が生まれ里親を捜しているという話を聞き、
私は家族の了承も得ずに、里親を引き受けたのです。
その頃、既に我が家には3匹のネコが居ましたから。言えば反対されちゃいます。
職場に持ってこられた段ボール箱の中では、4匹の可愛い子猫がこちらを見上げてぴーぴー鳴いていました。
その段ボール箱の隅っこのほうで、鳴きもせず愛想もふりまかず、じっとしていたのがレオでした。
他の子猫たちは、これだけ愛嬌があるのだからすぐに貰い手が見つかるだろう。
この頑なコは早くもらってあげなきゃ。となんだか使命のように感じたのです。
帰宅時まで、職場の休憩室に置かせてもらったのですが、その間も動きもせず、鳴きもせず。
同僚達から「ひどく弱ってるコをもらっちゃったんじゃない?交換してもらえば?」と言われる程、
おとなしくじーっとしていたのです。

ところが、家に帰り着くや否や、怯むどころか縦横無尽に走り回り、他のネコ達のご飯をボリボリ食べ、たくさん水を飲み、教えてもないのにトイレに行って用を足したのです。
とんだ猫かぶり。
その後、レオはメキメキと凶暴性を増し、ネコパンチのエースへと成長を遂げました。
私の右手首には、まるでためらい傷のような、3センチ程のレオの引っ掻き傷が残っています。

にゃーにゃー言いながら、足元にすり寄ってくるものの、撫でると噛み付かれます。
耳を触られることが好きなようで、自らぐいぐい耳を人の手に押し付けてきますので、
掻いてやると、しばらくは恍惚の表情を浮かべているのですが、突如豹変して引っ掻きます。
そのくせ、若いナナにばかりかまけていると嫉妬心に火がつくらしく、突進してきます。
なんと天の邪鬼な。
でも、時折、こそっと私の膝にのってきて眠るのです。かわいいんです。
名前を呼べば、呼ばれただけ何度でも返事をするし、今は母の一番の話し相手になってくれています。
ネコにしては高齢なので、もうちょっと穏やかになって長生きして欲しいものです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
Posted by kingyo
comment:0   trackback:0
[ねこのこと]  thema:猫のいる生活 - genre:ペット
comment
comment posting














 

trackback URL
http://nekotokingyo.blog60.fc2.com/tb.php/48-e34d3147
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。