わけもなく好きなものとか。フト思うこと。最近はネコとの暮らし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by kingyo
 
[スポンサー広告
血液のお勉強
昨夕、不思議な経験をしました。
仕事帰りにショッピングモールへ行きました。
車を停めて、雑貨店に立ち寄り、アウトレット家具店に立ち寄り、100円ショップへ
食器洗いスポンジを1つ手に取ったその瞬間、2人組みのおばあさんに声を掛けられました。

「あのー、私たち血液についてお勉強しているのですが・・・」
私は、外出中に見知らぬ人に道や時間を尋ねられたりすることが多いので、
声を掛けられること自体に全く驚くことはありません。またか。って感じ。
が、???血液について、お勉強???とは、なんぞや?かなり不審に思いました。

彼女たちは、モジモジしながら無言の私に向かって説明し始めました。
「血液をいただくとかはありませんし、あなたの体に触れたりするようなことは一切しません。
ただ、あなたの血液型を知りたいと思って」と終始笑顔。
血液型を聞きたいだけ?かと思い、「はぁ・・・」と曖昧に言うと、
彼女たちは嬉しそうに「ありがとうございます!じゃあ」と言ったきり、押し黙ってしまいました。
聞かんのかい!?一体何なの?

商品陳列棚の間の狭い通路に、私と少し距離を置いて、おばあさんが2人。
スポンジを見ている私を、おばあさんたちが見ている。
じーーーっと見られてる。落ち着きません。
もしかして、宗教の勧誘?それとも、私がこのおばあさんたちの話に気をとられてる隙に、
他の仲間が忍び寄り盗みを働く?とか、色々良くない考えが浮かびました。

「なんなのでしょう?」と聞くと
「行動を見せていただいてたんです」との返事が。
そして、ようやく「血液型は☆型ですか?」尋ねてきました。
正解です。「はい」とだけ答えると、ぱぁっと嬉しそうに笑って、
おばあさんたちは「お宅は何型と思った?」などと、お互いの診断結果を確認しあっていました。
きゃっきゃきゃっきゃと、そりゃーもう楽しそうに。
そして、丁寧にお礼を述べて去って行きました。

行動パターンで分析してんの?血液のお勉強?ただの血液型当てゲームじゃん。
その後、他の人たちにも聞いているのかしら?
と、気になって店内を見回してみましたが、彼女たちの姿はなく。
もしかして、しばらく前から私に狙いを定めてて、立ち止まったところに声を掛けてきたのかも。
そう考えると、かなり不気味な気もしますが、
おそらく『暇を持て余した、おばあさんたちの、遊び。』なのでしょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
Posted by kingyo
comment:0   trackback:0
[日々のこと]  thema:ひとりごとのようなもの - genre:日記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://nekotokingyo.blog60.fc2.com/tb.php/37-34696c33
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。