わけもなく好きなものとか。フト思うこと。最近はネコとの暮らし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by kingyo
 
[スポンサー広告
結局は人かなー
結局、モデルルームを見学に行ったマンションに決めちゃいました。
場所的に気に入ったってゆうのが一番の決め手です。
私たちを担当してくれる方が、ガンガンおしてくる感じではなく
優柔不断で心配性な私たちが、あれこれ細かく尋ねることにも逐一対応してくれる真面目な人だという点もよかったと思う。
他の営業さんが購入を検討されている若いご夫婦に「マンションは何十年も住まうものじゃないんだから、何年か住んで飽きたら賃貸住宅として貸しちゃえばいいんですよー。ここは、病院も近くて近隣にお医者さんとかが沢山住んでますから、高値で貸せますよ」とか言ってるのを聞いてびっくり。
買おうかとしてるのに、貸す話されてもねー。
最初に対応してくれた営業さんがこんな話をされる人だったら、前向きに購入を考えなかったかも。
そこのマンションの販売担当の人は複数名いて、最初にモデルルームに行った際に対応した人がずっと担当者ってことになるようなので、
担当者が誰になるかは運。みたいなとこがあったんだなーと思う。
スポンサーサイト
Posted by kingyo
comment:0   trackback:0
[マンション購入日記
マウスピース
ボクサーとか、K1ファイターとかがはめてるマウスピースは、歯への外部からの衝撃を緩和して口腔内を保護するためにつけるもの。
この場合の敵は、相手からのパンチやキックでしょう。
私の敵は、自分自身の下あごです。

昨年末、右上の奥歯辺りに急激な痛みが走り、仕事も手につかないような状況になってしまった。
すぐさま歯科医院で診察してもらったら、虫歯とかではなく歯の磨り減りが原因とのこと。
そう言えば、知覚過敏気味かも?って思ってた。
表面のエナメル質が減っちゃったのか。などと気軽に解釈していたのだが、深刻な事態に陥っていた。
レントゲン写真を見せてもらうと、犬歯から以降の奥歯に本来あるべき歯を支えるための腱みたいなものが消失していた。
これがどうして起きたのかというと
①噛み締めや歯ぎしりによって、下あごからものすごい力が加えられている
②下あごからの圧力により、上の歯がグラグラと揺らされている
③歯を支える腱が切れる
通常、犬歯は他の歯に比べて根が深くて下あごからの圧力を受け止める役割を果たしているらしいが、私の場合はその犬歯でさえも防ぎきれない程の力を加えてしまっているようなのである。
自分では全く気づいていなかったが、歯科医師から犬歯の先端部分が磨り減って、真っ平になってしまっていることも指摘された。
指先でも揺れを自覚できるほど、上の犬歯以降の奥歯ががグラグラしている。
これって、そのうち根元からポロっと取れちゃうんじゃない?と思うくらい。
当面の処置としては、日中は意識して強く噛み締めることを避け、就寝時にはマウスピースを装着して歯ぎしりによって歯が揺らされることを防止することになった。
もしも、このままグラグラが治まらないようなら、奥歯の3本を銀歯で連結させて強度をアップさせるらしいが、歯の一本一本が独立してない状態ってどうなんでしょ。
そうならないためにも、毎晩必ずマウスピースをつけて眠ること、外泊時も持参すること、お昼寝時も、とにかく起きていて自分で噛み締め力をコントロールできない時には絶対つけとけ。とかなりきつめに念押しされた。

マウスピースを作るのは実は4度目。私はそのうちちゃんとつけなくなる常習犯なのです。
一番最初は、10年前くらい。
ミニトマトはカットしないと食べられないくらい、サンドウィッチはパンと具を一枚ずつ剥がさないと食べられないくらいしか口が開かなくなってしまったことがある。
その時は顎の関節にあるお皿みたいのが、口の開閉時ににゴキッっという音と共にすべり落ち、上手く戻らなくなっているため、口を大きく開けることができなくなっていたらしく顎関節症と診断された。
念のため歯科大で頭蓋骨を支える骨に異常が無いかの検査も行ったが、骨自体が削れるまでには至っていなかった。
当時は、関節のお皿の部分に隙間をつくる目的で、就寝時にマウスピースを装着していた。
上の歯全体を覆う硬いプラスチック製のマウスピースは非常に圧迫感があって窮屈、装着して眠るのはかなりしんどい。
一個目のマウスピースは、眠っている間に噛み砕いてしまったし、柔らかいシリコン素材で作り変えたものも、恐らく歯ぎしりで奥歯部分が引き裂けてしまった。
それでもなんとか顎関節の痛みは少しずつおさまり、徐々に口を開けられるようにもなり、顎は相変わらずコキコキ音を立てるものの、食事にも支障がなくなって、それに伴ってマウスピースの使用頻度も下がっていったわけです。

噛み合わせがあっていない部分があることや、強く歯を噛み締めてしまうこと、頬杖をつきがちなこと、眠っている間の歯ぎしりが顎関節に悪影響を与えることは知っていたけど、同じような要因で関節を痛めるだけじゃなく、最悪の場合歯を失っちゃうことになるなんて。
プラスチックを砕いたり、シリコンを引きちぎるくらいの噛み締め力。気をつけねば。
Posted by kingyo
comment:0   trackback:0
[日々のこと]  thema:ひとりごとのようなもの - genre:日記
フルオーダーマンション
もし購入するとするなら・・・という仮条件で、簡単な住宅ローンのシュミレーションなどをしてもらいました。
なんだかんだ言っても、やっぱりお金の問題が一番重要ですからねぇ。
自己資金を30%程度、残りは住宅ローンと考えていますが、返済期間や金利どこから融資を受けるかなど、比較検討が必要ですね。この部分に関しては未だにお勉強中です。

モデルルーム見学を終え、マンション購入への期待と不安を抱えて帰路に。
せっかくだから、駅から現地まで歩いてみよう。と、駅付近に車を停めて本当に駅まで徒歩15分か?を確かめてみることに。
夏の日差しの中、日傘を片手にサイズがあってなくて数十メートルおきにポロっと脱げるパンプスでテレクレ歩いてぴったり15分。
私がいなければもっと速い。とJR通勤の夫も距離的には満足したようです。
建設地付近は公共施設や総合病院などがあり、休日の午後は交通量も少ないようでとても静か。
マンションの裏手には松並木の街道があり、お散歩するのにもよさそうな感じでした。

帰宅後もカタログや見取り図を眺めながら、どうしようかと家族会議。
場所的にはいいと思うし、価格的にも予算に見合う物件だし。
それに、設計変更もできるし。
フルオーダーマンションのメリットは、住まう人の要望に叶った部屋作りができること。
マンションって、部屋を外枠の4面で支えてるから、この壁を抜いてはダメってゆうところは無いんだそうです。
バスルームの浴槽とトイレの便器の位置以外は、キッチンから洗面台、洋室、和室全て移動が可能。
別のマンションの施工写真を見せていただきましたが、超高級志向のお部屋からラブリーなカントリー調のお部屋まで、同じ広さでも全く異なる様相でした。
使い勝手の良いように、好きな広さに部屋を仕切れるっていいかも。
子供の頃から新聞広告の住宅間取り図を見て、あれこれ妄想するのが好きだった私は、このキッチンカウンターをこっち向きに変更してさー、この洋室は無くしてこっちに和室を・・・。
野望と空想の世界にどっぷりと浸り、感情表現の希薄な夫は無表情でカタログを隅々まで読みまくる。
腰は重いが思い立ったら即行動!の私と、常に一定の低めのテンションを保ち続ける夫。
Posted by kingyo
comment:0   trackback:0
[マンション購入日記
いざ!モデルルーム見学へ
価格帯が同じくらいの新築マンションの標準仕様や間取りって、結局のところ似たり寄ったりで、物件的にはどれも甲乙つけ難い感じ。
これはもう、実際に話を聞いてみるしかないなー。という段階まで煮詰まってきました。
そこで、北九州市の副都心的?な場所で、特急列車も利用できる駅から徒歩15分。
無印良品やシロヤのパン屋さんも徒歩圏内。
私も夫も以前、その付近に勤務地があったので土地勘も十分。
大きなマイナスポイントが無ければ、そこに決めてもいいんじゃない?ってゆうくらいの物件を見に
いざ!モデルルームへ!!

まだ建物らしきものの形跡はなく土地を整備している状況だったので、現地から車で3分程離れたところにあるモデルルームへ。
ここのマンションの売りは『フルオーダー』建築前の段階であれば、浴室、トイレ以外の配置を全て変更できるのです。
2009年の10月完成予定の物件ですが、2008年7月時点で既に契約済みになっている部屋もいくつかありました。
見学予約をせずに行ったのですが、タイミングが良かったらしくすぐに対応してもらえました。
週末は予約していかないと随分待たされたり、他の見学者と一緒にモデルルームを見たりすることになるようです。
まずは希望する広さや間取り予算などを元に、私たちが購入できる部屋について空き状況を踏まえて検討。
それではモデルルームをご覧ください。となるわけです。
パーテーションで仕切られた応接スペースの奥に、モデルルームが用意されています。
部屋だけじゃなく、しっかり玄関ポーチ部分からバルコニーまであり驚きました。
ファミリー向けの割と広い部屋で、とっても素敵なインテリアコーディネートがされていました。
モデルルームを見ちゃったら予想通り、「ここでいいかも・・・」が確信に変わりつつあるのをひしひしと感じつつ。
Posted by kingyo
comment:0   trackback:0
[マンション購入日記
どこに住む?③
3箇所の候補地にて物件探し。
うちは子ナシ世帯なので、戸建ては検討外。マンションをweb検索~。
地域を指定するだけで、結構たくさんの物件にヒットします。
物件の概要や、外観、駅までの距離なんかもわかるので便利。
でも、web掲載の間取りは、ほんの一部だけ。販売価格帯はわかっても一軒ごとの価格は不明。
細かな情報は資料請求しないとわかりません。
気になった物件については、webで資料請求を申し込みました。
請求後に送られてくるのは、パンフレット、タイプごとの間取り図、価格一覧といったところです。
標準仕様の設備だけでも、現在の生活よりかなり快適になることは間違いなく、
大抵のマンションはペット同居可なので、再びネコとの生活に戻れる!ってだけで嬉しい。

ただ、資料請求をすると、当然、営業さんから電話がかかってきます。
会社によっても違いがあるとは思うのですが、日中は不在がちだとわかれば、夜に電話があったり、休日に訪問されたり、モデルルームへの招待状が届いたりします。
詳細を見て関心を持った物件であれば、色々とお話を聞きたいところですが、そうでもない場合は何度もお断りせねばならず、少々気苦労を伴います。

資料請求をした新築マンションのうち、大型ショッピングセンターに程近く、駅からのアクセスも許容範囲内で、結構いいなー。と思う物件があったのです。
徐々に建築されつつある現地付近に行ってみると、市内で最も交通量の多い国道に激近!
近いというより道路と並列してマンションが建っている状況。
しかも、道路が上り坂になっているため車内からベランダが丸見えなのです。
こりゃダメだ。騒音、排気ガスは免れないだろうし、カーテン閉めっぱなしの生活なんて嫌だ。
ディスポーザーが標準装備で、部屋から山や観覧車を眺められるってゆう立地条件は魅力的だったのにー。
なかなか、思うようにはいきません。

Posted by kingyo
comment:0   trackback:0
[マンション購入日記
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。