わけもなく好きなものとか。フト思うこと。最近はネコとの暮らし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by kingyo
 
[スポンサー広告
どこに住む?②
市内の駅付近。というざっくりした条件で、5箇所の候補地にしぼりました。
その内、位置的には市内の中心部が便利かなー。
と思ってたのですが、その付近は車で通過するだけで、町の名前などもピンとこない。
土地勘が全くない場所でした。
私は方向音痴で、殊に交通網の上り下りの感覚が全くありません。
自分で運転する時には、知ってる道を通って知っている目的地に向かうので、不安は無いのですが、
公共交通機関と称される乗り物に一人で乗車する際には恐怖です。
何番ホーム。と何度も確認して乗ったはずなのに、目的地とは逆の方向に動き出す列車に乗ってしまったり。
未だに駅からバスに乗る際、どこ行、何経由に乗車すればよいものかかなり迷うし。
乗ったものの、本当に自宅方面に向かうのか心配でドキドキしてしまいます。
夫は以前に一人暮らしをしていた場所でもあり、その辺りの物件に興味を示していましたが、却下。
私にとっては土地勘は重要事項です。
どこに何があるか知らない場所は、やめとこう。という条件が加わり、候補地は3箇所にしぼられました。
スポンサーサイト
Posted by kingyo
comment:0   trackback:0
[マンション購入日記
どこに住む?
今日も朝からマンションの打合せに出かけます。
設計変更した図面の最終確認と、壁の色を決めたりします。
ここまでくると、悩みつつも楽しい。
案内所にあるモデルルームのインテリアは、スタイリッシュでモダンにコーディネートがされてて、とってもおしゃれ。
モデルルームマジック。
全くそういった好みではないのに、当初は思わずシンプルモダンを目指そうとしてしまった程です。
私は、超単純なので好印象を持っているところに、ちょこっとでもプラス要素を見つけるとすぐに心奪われてしまいます。
そんな自分の特性を熟知していますので、居住地域を決めるまではモデルルームには行かない。
と心に決めてました。
どこのマンションだって、素敵で最新設備が整ってて、感じのいい営業さんがいるに決まってます。
なので、どこに住もうか?っていうところが重要。
とっても真剣に場所選び。
『パン屋が近い』という私の独断と偏見で今の住居を決められてしまった夫は特に・・・。
市外への転出は無いとして、
JR通勤の夫の日常を考慮して駅付近。
実家から遠く離れてしまわない事。
静かで安全な生活ができる事。
長く住まうのだから、愛着の持てるところ。
そんなところ市内にはわりと沢山。しかも駅周辺ってマンション多いし。
情報はほとんどネットで収集。ネットワーフィンしまくる日々でした。
周囲の住宅購入経験者の方々から、とにかくモデルルームに行って話聞いてきたら?とアドバイスをいただきましたが、それはだめ。
行ってみちゃったら、おしまい。そこで、ハイ決定。ってなっちゃうんだもん。
Posted by kingyo
comment:0   trackback:0
[マンション購入日記
日商簿記2級
地道な勉強の甲斐あって、無事合格いたしました!
『資格』欄に、ようやく自動車運転免許以外のことが書けちゃいます。
やったー。
ほっとした。
Posted by kingyo
comment:2   trackback:0
[日々のこと]  thema:ひとりごとのようなもの - genre:日記
新築マンション購入日記~回想~
来年完成するマンションへのお引越しまで、1年を切りました。
年内は5階部分までの建設を予定しているらしく、契約した8階はまだまだお目にかかれません。
おそらく一生のうちで一番大きな買物。
期待と不安の入り混じる中で、色んなことを考えたり、妄想したりしています。

現在の住居は、住宅街にあるコーポの1階。
金融機関やスーパー各種の病院も程近く、生活を送る上では結構便利なところ。
しかし。
お気に入りのパン屋さんまで歩いて行けて、自分の職場にも近い。
というだけの理由で、室内も見ぬままに決めたので、居住環境としてはそれなりに不自由も多い。
今の住居に関する不満点をクリアするところに住もう!
という決意のもと新居探しをスタートさせました。今年の初夏のことです。
それ以降、常に頭の片隅に新居のことがあります。
今年も最終月に突入。
これから少しずつ思い起こしながら、つらつら書いてみよう。
Posted by kingyo
comment:3   trackback:0
[マンション購入日記
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。