わけもなく好きなものとか。フト思うこと。最近はネコとの暮らし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by kingyo
 
[スポンサー広告
韓国旅行のお土産
またも久々の更新。。。
今月初めに怒濤の韓国旅行、お盆前後は何かと慌ただしく過ごしていたら、劇的な腹痛に襲われまして数日間に渡り、随分と長い時間をトイレの中で過ごすハメになりました。
発熱も続いたため、久しぶりに病院へ行き診察を受けました所、急性大腸炎と過度の貧血ということでした。
どおりでお腹が痛くて、クラクラ、フラフラしたはずだわ。
今は快方に向かっていますが、万全となるまでにはもう少し時間が掛かるかな?この回復力の遅さに、嫌でも年齢を感じてしまうのでありました。とほほ。
毎年この時期には夏バテらしき症状が出るのですが、今回のはちょっと辛かったです。
皆様、残暑厳しき折、どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。

そんなこんなで、随分と遅くなりましたが、二泊三日の韓国旅行レポを~!!
1日目はフライトとホテルへの移動、夕食(韓国焼き肉を食べました)のみで終了、2日目はお買い物とコンサート、3日目は午前中に迎えのバスが来て、強制的に土産物屋に連行された後、空港へ。というショッピングやグルメを楽しみにしていたわたしにとっては、コンサートを除いた自由時間が少なめのちょっと残念な行程でした。

お買い物に出掛けた先は、明洞/ミョンドンという街。東京でいえば渋谷、原宿みたいなところで、ワカモノたちで溢れていました。ブランドものやコスメが好きな人にとっては、かなり魅力的な所だと思います。
日本人観光客も多くて、どこでも当たり前のように日本語の標記があって、言葉が通じて、全く不自由することはありませんでした。短時間でしたがショッピングを楽しんできましたよ。

1008192

手、足用のシートパックと、フェイスマスク、トマトのケースは、クリーム状のパックです。
左の黒くて細長い箱は、繰り出し式のアイシャドーとアイライン。
BBクリームの一つでも買って帰ろう。と思っていましたが、どのお店にも多種多様なBBクリームがラインナップされていて、どれがどうなのだか分からず、買いそびれてしまいました。
シートパックはどこのショップでも1枚80円程と、とってもリーズナブル。一袋は薄くて嵩張りませんが、調子に乗って10枚パックを買ってしまったので、持ち歩くには少々重かった。

ミョンドンには沢山のコスメショップがあって、数軒が横並びに軒を連ねている一角もありました。
どの店先にも、秋葉系?ファッションの可愛い女の子が呼び込みをしていて、お店に入るだけでサンプルや、商品のフェイスマスクを無料でもらえてしまいます。

1008193

商品を買うと、更にたくさんのサンプルが袋の中に放り込まれ、貰い物だけでこの量です。
韓国コスメ業界恐るべし。

日本の都心にはあるけれど、わたしが住んでいる地域には無いお店に行ってきました。

クリスピー・クリーム・ドーナツでお茶。
1008191

Forever21でプチプライスで可愛い小物とエコバッグをお買い上げ。
1008194

韓国料理と言えば初日の焼き肉のみで、あとはホテルのデリで買ったベーグルやスコーン、コンサート終了後のファーストフード、ソウル空港のスタバのサンドイッチなど、かなり残念な食生活を送ってしまいました。
観光もゼロだったし、エステなんかする時間もなかったし。
もっとじっくり計画を立てる時間があったら良かったのに。とも思いますが、弾丸韓国ツアーもハチャメチャである意味、楽しかったなー。
大量に買い込んだ様々なパックで、ツヤピカになったらご報告しますね(笑)


今日は全くインテリア関連の記事ではないですが(汗)
ランキングに登録しています。クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ
スポンサーサイト
Posted by kingyo
comment:2   trackback:0
[お出掛け
お花見
にわかにディスプレイ熱が上がっているわたし。
週末から、また一つ作業を開始していますが、平日はなかなか時間がとれず、はかどりません。
これまでは作業を始めると、完成まで突っ走ってしまいがちでしたが、フルタイムのお仕事になってからは、さすがに体力が持ちませーん。
今の生活のペースに合わせて、お家のこともぼちぼち楽しんでいくことにしようと思っています。

そんなわけで、今日はちょっと小休止。
日曜日、お花見がてらコンデジ片手に散歩へ出かけましたので、桜便りをお届けしたいと思います。

sakura01

北九州の桜は満開の時期を過ぎ、少し風が吹くだけでハラハラと舞い散っていました。
冬の始まりの季節に引っ越してきたので、開花するまで桜の木の存在に気づいていませんでしたが、マンションのまわりには、たくさん桜の木があり、桜の咲いている場所を次々にめぐりながら、結局、一時間以上のお散歩となりました。

マンション横の松並木の隣には、桜並木が続いていました。

sakura02

sakura03
 松と桜、半々のトンネルです。
 ここの松並木は随分古くからあるものらしく
 桜よりも松の木のほうが随分立派です。

 松の枝先には初々しい松ぼっくりがありました。
 秋になったら、松ぼっくり拾いを!

住宅街を抜けて、少し離れた公園へも行きました。
近づくに連れ、バーベキューの香りが漂ってきて、園内に足を踏み入れると、沢山の花見客で大変な賑わいを見せていました。
どの桜の木の下も宴会会場と化していたので、写真は必然的に空に向けた写真ばかり。

sakura04

わかりにくいですが、青空に花びらが舞っています。
ずーっと花びらキャッチにチャレンジしながら歩きましたが、一枚も掴めずじまいでしたよ。難しいですねー。

夫は散歩というより本気のウォーキングみたいに、がんがん歩いていってしまうので、わたしは少し立ち止まって写真を撮っては、小さくダッシュ!の連続。
お互い、結構いい運動になったんじゃないかと思います。

桜以外の、お花の写真も。春って、色々なところに彩りがいっぱい。

sakura05 sakura06
sakura07 
sakura09 sakura08

お花見日和と、カメラ女子気分を満喫できたお散歩でした。

sakura10

 
 公園内にある、樹木を模したコンクリートの階段。
 わたしの父の勤めていた会社の製品です。
 この公園は、父の最期の仕事場でした。

この公園に製品を納め、設置工事を行う際の現場監督さんだったそうです。
ここからの帰宅途中に倒れたのだと、母から聞きました。
当時、3歳だったわたしには父の記憶がありませんが、ここが父の残してくれた思い出の場所です。
公園内も改修が行われ、父の会社の製品もだんだん少なくなってきていますが、ここの美しい桜を眺める度に、とっても誇らしい気持ちになります。 
来年も、ここで一緒にお花見を楽しみましょうね。


見たよ!来たよ!と↓↓クリックしていただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ
Posted by kingyo
comment:4   trackback:0
[お出掛け
アンリ・ド・トゥールー=ロートレック
平日の昼間に美術鑑賞できるなんて優雅だ。
しかも、学生料金。お得だ。
lautrec01

ロートレック・コネクション展を見てきました。わたしが美術館を訪れたのは、2月5日(金)のお昼頃。
展覧会終了直前だったからかもしれませんが、平日の美術館ってたくさん人がいるものですね。人の流れに押されるくらいな感じで、館内を回ることになり少々残念でした。
大好きなロートレック作品。この展覧会を楽しみにしていたくせに、長いお休み期間があったにも関わらず、ギリギリまで動かないからこんなことになるのです。反省。

この展覧会では、ゴッホ、ゴーギャン、マネ、ミュシャなど、大して美術に詳しくないわたしでも名前を聞いて代表作が思い浮かぶような画家の絵も展示されていましたが、やっぱりロートレックの絵が一番好みでした。
難しいことはわかりませんが、構図とか色使いとか、パッと見て惹き付けられる感じが印象に残るんだと思う。

アンリ・ド・トゥルーズ=ロートレック(ロトレック)(Henri de Toulouse-Lautrec, 1864年11月24日 - 1901年9月9日)は、19世紀のフランスの画家。日本では慣習的に「ロートレック」で呼ばれるが、正しくは「トゥルーズ=ロートレック(ロトレック)」と呼ぶ。
画家自身が身体障害者として差別を受けていたこともあってか、娼婦、踊り子のような夜の世界の女たちに共感。パリの「ムーラン・ルージュ(赤い風車)」をはじめとしたダンスホール、酒場などに入り浸り、デカダンな生活を送った。そして、彼女らを愛情のこもった筆致で描いた。作品には「ムーラン・ルージュ」などのポスターの名作も多く、ポスターを芸術の域にまで高めた功績でも美術史上に特筆されるべき画家であり、「小さき男(プティ・トンム)、偉大なる芸術家(グラン・タルテイスト)」と形容される。
かれのポスターやリトグラフは日本美術から強い影響を受けている。
(ウィキペディアより引用)



帰宅後、以前の住まいで飾っていたものを出してみました。この絵は新聞屋さんが読者サービスで無料配布してくれる『芸術に触れる額絵シリーズ』というものです。実家から一枚いただいてきました。
美術館では本物のポスターを見ることが出来て、感激でした。

『ディヴァン・ジャポネ』
lautrec02

ディヴァン・ジャポネは「日本の長椅子」という意味で、モンマルトルに実際にあった歌やショーなどを楽しみながら飲食できるカフェの名前だそうです。
このお店の開店のためにロートレックが依頼さたポスター画ということで、黒いドレスの女性も、隣のシルクハットを被った男性も、左奥のスポットライトの下の黒い手袋をはめた女性も、実在の人物が描かれています。

lautrec03

パソコンデスクのラックの上に飾ってみました。
黒とオレンジの、ロートレックのポスターらしい色調がここに似合っているように思えて、気に入っています。
これは、以前にも飾っていた絵でもあるため、夫のチェックも入らず無事にここが定位置となりそうです。
ここに、エッフェル塔のオブジェが欲しい。。。

PARISとかロゴがついてなくて、シャープなフォルムのオブジェは意外と少ない。


玄関先にロートレックのポスターを飾りたい。
   

ロックウェルもいいなー。
   

こうして物欲を募らせて、それを働く意欲に変えて行くのだ!頑張れ、わたし。
長かった冬休みも今日で終わり。明日から、新しいお仕事開始です。
退屈すぎて死んじゃう。と思っていたおウチ生活ですが、存分に素敵ブロガーさんの記事を拝見して楽しませていただきました。
これからは、パソコンに向かうくつろぎタイムが夜間にシフトすることになルト思いますが、ブログの更新もマイペースで続けて行きたいと思ってます。

こんなに時間と気持ちに余裕が持てることに浮かれて、
自分の好きなものについて長々と書き綴ってしまいました。
読んで下さって有難うございます!
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
Posted by kingyo
comment:10   trackback:0
[お出掛け
地元の美味
母のお誘いで、門司に出掛けてきました。
門司駅付近から門司港駅周辺は、レトロ地区と呼ばれていて赤煉瓦倉庫が建ち並ぶ、わたしが住んでいる地域から最も近い観光スポットです。


駅で仕事帰りの夫と合流し、門司赤煉瓦プレイスを眺めながら海辺にある鮮魚料理のお店まで徒歩で向かいました。
海が近いため、風が冷たく手先や足先もしびれる程でした。

moji01 moji02
刺し盛りと、鯨の珍味盛り

この辺りでは、鯨肉を食べられるお店が多いです。半円型の赤いのが『百尋(小腸)』、その右横のうすピンクのが『さえずり(舌)』、笹型の器に盛ってあるのが『おばいけ(尾びれ)』です。
鯨を目当てにこのお店を選んだ母に勧められて一切れずついただいてみましたが、おばいけはシャキシャキしてほとんどクセがなく食べやすかったけど、他の二品は獣っぽくってダメでした。THE珍味って感じ。
他にも海峡ダコと河豚の唐揚げ、夫は鯨カツなどもいただきましたが、バクバク食べてしまって写真がありませーん。

moji03 moji04

せっかくだからと、海辺に立ち寄り冷たい強風にあおられつつ、遠くに見える本州の灯を眺めました。
いつも山を眺めて暮らしているので、たまには海を見るのもいいものですねー。
右の写真は、赤煉瓦の建物の前を白いダウンのフードをすっぽり被って、足早に歩く母に後ろから駅の場所を指示する夫の図。
うちの母はわたしの言うことは聞きませんが、夫の言うことはちゃんと聞きます。
お互いに頑固者ですが、気に掛け合ってくれていると思うと、娘として妻として嬉しいものです。



見たよ!来たよ!と↓↓クリックしていただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
Posted by kingyo
comment:12   trackback:0
[お出掛け
ハッピーウェディング
週末は、結婚式に出席してきました。
わたしも挙式、披露宴を行った思い出のチャペル&レストラン。

wedding02

チャペルの中には美しいステンドグラス。
数年前の緊張感と、幸福な気持ちを思い出しました。

wedding01


新郎新婦は共にバツイチ同士。双方の娘さんからのメッセージや歌に、もらい泣きしたり、音楽をやっていたという同僚の、想像を遥かに超えた歌唱力に鳥肌が立ったり、スピーチのマイクが回ってきて焦ったり。
短時間に沢山、感情が起伏して忙しかったー。でも、仲間内のささやかな大人のパーティーという感じで、参加したわたしたちも非常に楽しませていただきました。お料理も美味しかったし。

でも、やっぱり新婦側に参加するほうがいいかなー。
きれい!とか、可愛い!とかって、一緒に写真撮ったり。ということが無いのは、ちょっと残念ですね。

カフェにあった透明のスツールが素敵でしたー。
wedding03

朝早くから、髪を巻いて、いつもよりおめかしして家を出て、帰宅したのは夜の11時過ぎ。
一体、何時間お酒を飲んでいたのか、12時間耐久!?・・・。
最後のあのお店は4次会?5次会??どこまで付き合いがいいんだか、わたし。。。
これから忘年会ラッシュが始まります。体を労わらなければっ!



見たよ!来たよ!と↓↓クリックしていただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
Posted by kingyo
comment:10   trackback:0
[お出掛け
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。